akaneの自閉グレーな子育て絵日記 

自閉グレー5歳と3歳の兄弟を育てる母akaneの日常を綴るブログ

自閉グレー6歳と3歳の兄弟を育てる母akaneの日常を綴るブログ

救急車

先週土曜日にローラー式滑り台で足を痛めたケロきち。

 いつまで経っても泣き止まないし、珍しく電車でお出かけしてたので救急車を呼ぶことに…。
(夫はペロすけと先に帰宅)

C1861DA5-CE93-4625-AA5D-8B29CE36E144
 
コロナ禍で救急隊員さんも忙しいのにご迷惑おかけしました…。
レントゲンがある外科専門病院に運んでもらいました。


責任感じてしょんぼりしてると看護師さんが慰めてくれました。

9D54DEB2-083A-4DFD-BFE9-930F55F32069


医師やスタッフの方々も「そうそう」と励ましてくれ、少し安心。
確かにすべり台で変な滑り方になっただけで骨がどうにかなるわけないか…などと考えてたところにレントゲンの結果が…。




968F34D1-9A3C-4E78-BBBF-5A38B0DB8586

折れとるやないか!


ケロきち…すごく慎重派なのに5歳にしてまさかの大腿骨骨折!!



というわけで、現在の様子はこちら。

152C99ED-F255-4C81-9333-DA8197EDF1D9


走りたい盛りの5歳児、「出来るだけ歩かないように」と言われてしまいました。

と言ってもギプスで固定されたら安心したのか「痛くなくなった」とか言って普通に部屋の中を歩いてます😅
歩かないで!と言っても聞かないし、私が全て介助するのも難しい…。
さすがに階段は行かせられないので抱っこですが。

うち、リビングが2階でトイレ、風呂、寝室が1階なんです。
出来るだけ移動を抑えようと思っても、まずトイレに行くごとに抱っこで階段登り下り。
デカめの年長児23kg
もう背中と腕がバキバキで死にそうです。

ちなみに風呂はギプスが濡れないようにできるカバーがAmazonにあったので活用してます。




Amazonってなんでもあるのね。
でもこれをつけてても直接シャワーが当たると水が入っちゃうのですごく気を遣う…。

そしてもちろん幼稚園は休んでいます…。
せっかくいい気候の時期なのにもったいない…と言っても誰も責められないというか私に責任があり自己嫌悪に陥り中です。



子育てって本当に何があるかわかりませんね。
これも経験と思って、家でもケロきちが有意義な時間を過ごせるように頑張ります💪🏻

その後↓



骨折したとこすぐ怪我するケロきち↓



〜〜〜〜〜


ところで先日の母の日の夜、子供が寝た後に夫が素敵なツマミを作ってくれました。

0928C395-F012-4F77-983D-2C7D399D9958



いくら+クリームチーズの組み合わせは初めてだったんだけど、美味すぎて度肝抜かれました。
すごくオススメです。

クラッカーに鴨肉+ミニトマト+クリームチーズはうちの定番ツマミ。
私はこれが大好きで作ってる途中から涎が止まりません。
別のパターンとしてクラッカー+生ハム+柿+クリームチーズもめちゃ美味しいよ❤️
ワインと合います。

いくらはふるさと納税で頼んだやつ。


これつまみながら夫と夜通しモンハンし一気に上位クエまでいきました✌️
やってる人いる?
百竜夜行ってやつ難しかった。。

〜〜〜〜〜〜

お買い物マラソン中ですね✨




私のオススメはこちら💕

403321BF-54CD-443F-8E59-2E387CFC4D60
 


↑登録するとLINEに更新通知が届きます🥰


ブログランキングに参加しています。
フォローはコチラから🐹
akaneの自閉グレーな子育て絵日記 - にほんブログ村


ジャンル別に他の人気ブログをランキングでチェックするならコチラ🌟

  にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ














 

うちのケロきち5歳。
ものすごく運動音痴なのです。


でも慎重なタイプで高いところから飛び降りるなど無茶なことはしない(できない)から今まで大きな怪我はないんだけど、体幹が弱いのか体の使い方が下手なのか、何もないところでしょっちゅう転けるしハマって起き上がれなくなったりしてます。

2558B945-01CB-44C8-92BB-4D5A3A0473C9


風呂に入っててちょっと尻が滑って足が上がっただけで戻れなくて大騒ぎ。
そんなことある?
ダメだとわかってても、めっちゃでかいため息ついちゃう。

この不器用さ、コミュニケーションの下手さと同じぐらい深刻です。



そして昨日、その運動音痴がついに事件を起こしてしまったのです…。



昨日は家族で長いローラー式の滑り台がある公園に行って遊んでたんだけど、

CC3E8AED-3E93-4F02-AA96-FDF0CB9021BE


ケロきちが後ろ振り向きながら滑ってたら


D1402834-CE63-42C9-A9F3-E0AB79D8F8C3

足が変な風に曲がっちゃって…

CEB40600-7D5E-47A6-A68B-CB1A357D81D7

ハマってしまい態勢を変えられずにそのまま降下。

それで足を痛めたんだけど、普段の泣き方と違って痛みにびっくりしたようなすごい泣き方だったの…。

BC18A57B-AEE3-4D35-80E4-B5DB01AE78A9

全然泣き止まないので折れたんじゃないかと思って救急車呼びました。



5歳にして2回目の救急車出動です。
私もまだ乗ったことないのに…。

1回目はこちら↓



今回ケロきちの不器用さもあったかもしれんないけど、私が続けて滑ってたのもよくなかったです。
大体注意書きに1人ずつ滑るように書いてありますよね…。
すまんケロきち。反省。


続き↓






↑LINEでブログ更新をいち早くお届け❤️


ブログランキングに参加しています。
応援してるよ!って思ってくださったらどれか1つでもポチッとお願いします🙇‍♀️

  にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ





ーーーーーーーーーーーーーーーー





楽天のオススメはROOMにまとめています❤️

403321BF-54CD-443F-8E59-2E387CFC4D60















長男ケロきちが4歳の頃、食後に苦しいと言い出した時のことです。

こちらの記事の続きになります↓  
 


カシューナッツのアレルギーでアナフィラキシーショック状態なんでは!?と判断し救急車を呼んだものの、幼児2人を抱えてテンパりまくりでした。

(アナフィラキシーショックとは急激なアレルギー反応により血圧低下や意識障害を伴い、場合によっては命に危険が迫る状態のことを言います。
即救急車案件です!
学校給食でもアナフィラキシーによる死亡事故が起きていますね…)

↑日経メディカルの記事



テンパりすぎて2歳児(当時)を部屋に忘れて外に飛び出した私…

00F4928E-CA16-4BE7-84E7-D86E4D233394

846C7845-A61A-443C-9909-65D64D2663FF
7CFA5D7D-1944-4E4E-A68A-8A4A074D4AC8
31E8A145-70BC-4886-8E02-366047A1E0D2
7080CC2C-CB59-470A-870F-C7A692053182


というわけで、特に命の危機にさらされることもなく、超元気な状態で家に帰りました。

ちなみに救急車内での血圧、血中酸素濃度も問題ありませんでした。

しかし医師によると、今回は消化器症状(嘔吐)、呼吸器症状(咳、苦しいと言う)、精神症状(泣いてる)も出ていたので、アナフィラキシーと判断して救急車出動して正解だったとのことです。
そして後の血液検査にてカシューナッツのアレルギーだと判定が出ました。

現在はエピペンというアナフィラキシー時用の注射を携帯しています。

IMG_8921

エピペン(VIATRIS HPより引用)

今回のようにアナフィラキシーが考えられるときには迷わずに子供の太ももにブスッと!

FullSizeRender
(VIATRIS HPより引用)

怖!!
私でも大泣きするわ‥

痛みに弱いケロきち、間違いなくパニックになります。
(指のささくれが剥けただけで大騒ぎする)
でも一時のパニックより命の方が大事なのでいざというときにはすぐにできるように心構えしているつもりです。


…このようにケロきちの食事問題では救急車出動の大騒動に発展してしまったのですがだったのですが、この騒動にはまだ続きがあるのです‥。(泣)


続きの騒動↓



2度目の救急車騒動↓





↑LINEでブログ更新をいち早くお届け❤️


ブログランキングに参加しています。
応援してるよ!って思ってくださったらどれか1つでもポチッとお願いします🙇‍♀️

  にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ





ーーーーーーーーーーーーーーーー





楽天のオススメはROOMにまとめています❤️

403321BF-54CD-443F-8E59-2E387CFC4D60



















↑このページのトップヘ